TOP» プレスリリース» 〈プレスリリース〉介護における排泄についてのアンケート結果を公表!

〈プレスリリース〉介護における排泄についてのアンケート結果を公表!

本日、プレスリリースされた内容です。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 
介護を受けている方の3割以上は自分でお尻が拭けない
 
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

介護における排泄についてのアンケート結果を公表!
最新型お尻拭き取りロボットを国際福祉機器展2016に出展!

 
(株)岡田製作所は、2016年10月12日~14日に東京ビッグサイトで開催される国際福祉機器展2016、10月26日~28日に同じく東京ビッグサイトで開催されるホスペックジャパンに、国プロで開発したお尻拭き取りロボットを出展し、介護における排泄についてのアンケート結果を公表します。

排泄後のお尻を拭き取るロボットを開発中の大阪府豊中市の(株)岡田製作所は、家庭・施設・病院で現在介護を行なっている方(454名)を対象に、ネットアンケートを実施した。(アンケート期間:2016年8月)
アンケートの結果、介護を受けている方の3割以上は、自分でお尻を拭き取ることができないということが判明した。
 
 
q1_1

また、同アンケートにおいて、介助者として精神的に抵抗感を感じるかを問うたところ、介助者として、約6割の方が、精神的に抵抗感を感じることがあると回答。体力的にも、約5割以上の方が、困難さを感じることがあると回答。
 
 
q2_1
 
 
同社では、この他、お尻を拭き取るロボットのニーズについてもアンケートを実施し、お尻を拭き取るロボットが介護現場で一定のニーズがあると判断。
同社は、2016年10月12日~14日に東京ビッグサイトで開催される国際福祉機器展2016、10月26日~28日に同じく東京ビッグサイトで開催されるホスペックジャパンに、国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)による平成27年度「ロボット介護機器開発・導入促進事業(開発補助事業)」の支援を受けて開発した、ポータブルトイレ型のお尻拭き取りロボットを出展し、ロボット便座の開発状況を公表する。
 
q3_1

▲国際福祉機器展2016・ホスペックジャパンに出展予定のポータブルタイプのお尻拭き取りロボット
 
  
今回のネットアンケートの結果・ポータブルタイプのお尻拭き取りロボットについては、(株)岡田製作所のWEBサイト→においても公表されている。

【本件に関する報道関係者からのお問合せ先】
株式会社岡田製作所 担当:開発部 高木
電話:06‒6863‒3900 FAX:06‒6863‒3901
問い合わせフォームはこちら→
 
2016年10月12日~14日に東京ビッグサイトで開催される国際福祉機器展2016
 
10月26日~28日に同じく東京ビッグサイトで開催されるホスペックジャパンで、現物をご覧いただくことが可能です。
また、展示会の閉会後は、(株)岡田製作所において、現物をご覧いただくことが可能です。


この投稿グループ プレスリリース. Bookmark the permalink.